So-net無料ブログ作成
検索選択

今週の為替相場展望 [為替情報]

今週10月26日-30日週の為替相場は、ドル高や円安の再開持続と反動的な過熱調整をにらんだ展開となる。

ユーロ安の行方も焦点になりそうだ。

ドル/円の週足テクニカルでは、一目均衡表の基準線120.97円前後、52週移動平均線120.32円前後、転換線119.35円などを揃って上抜け回復してきた。

各ラインなどを下値メドとしたドルの底固めが注目されやすい。

雲の上限は来年2月にかけて、122.40円方向への右肩上がりを維持したままだ。

ただし、ドル安や円高が再燃すると、各ラインが上値抵抗線に逆戻りしていく。

改めて雲の上限119.06円前後の下抜けトライに移行する可能性も完全には排除できない。

今週明けからは、世界株高の持続性をにらんだ展開となる。

前週はECB理事会後の会見でドラギ総裁が12月の追加金融緩和を示唆したほか、週末には中国が追加利下げと金利自由化を発表。

グローバルな過剰流動性相場に再燃期待により、ドル高やドル/円を中心とした円安が加速された。

週明けからは世界株高の勢い継続と、過熱調整的な反動修正をにらんだ手探り相場となる。

今週の重要イベントは、まず27-28日の米FOMC。

直近の雇用統計や物価指標は低迷しており、利上げ見送りや当面の様子見姿勢の示唆が単発的なドル安材料となる可能性をはらむ。

一方で前週からはECBの緩和準備や中国の追加緩和により、世界経済の過度な減速懸念が後退してきた。

FRBは9月に「中国など世界経済の減速リスク」を理由に利上げを見送っており、一つの利上げ障害が除去されつつある。

その中で改めて12月利上げの可能性が示唆されると、ドル高が進展。

一方で米国株などの世界株は調整反落となり、クロス円を中心とした短期的な円高が警戒されやすい。

もっともFOMCの直後には、30日に日銀の金融政策決定会合が予定されている。

28日のFOMC後に日本で株安・円高が加速しているようであれば、ECB、中国に続く「追加緩和地ならし」や「追加緩和の断行」が想定されそうだ。

反対に日銀会合の時点でFOMCが無難に消化され、日本株の反発や円安の地合いが維持されているのであれば、当面の様子見が示唆される可能性が高い。

その場合は短期的な失望による円高・株安のリスクにも注意が必要だろう。

それでも日本株は今週以降の決算発表で、「懸念ほどは悪くない」という悪材料の出尽くしが期待される。

基本的な日本株の押し目買いや、ドル/円などでの押し目買い(円の戻り売り)という流れは維持されていく。

また、今週の焦点はユーロ安の行方。

ECBの12月緩和観測により、目先は戻り売りの圧力が警戒される。

ただし、ユーロ圏では銀行貸出が復調傾向にあり、その中でのダメ押し的な追加緩和は来年にかけての欧州経済の回復を後押しさせる。

中長期スパンでは、来年の欧州回復を見据えたユーロの下値拾いも注目されそうだ。

その他、今週は中国共産党が重要な経済会議を予定している。

前週末の金融緩和に続く景気対策次第では、リスク回避の円安や資源国通貨高(豪ドルNZドル、カナダ・ドルなど)が後押しされる余地も残されている。


My アルバム更新しました。

第30回 百里基地航空祭

http://mydreamtoday225.blog.fc2.com/


経済指標・イベント解説(時間は全て日本時間。予定・未定を含む)

<26日・月>
18:00 独10月Ifo景気動向指数
(中国減速や独自動車大手VWの不正ガス問題などが悪材料に)
23:00 米9月新築住宅販売件数
(同じ9月の住宅着工件数は過去8年で2番目の高水準。金利低下やガソリン下落が下支え)
中国共産党第18期中央委員会第5回総会[5中総会、29日まで]
(景気対策の具体化期待と失望リスクの両にらみ)

<27日・火>
06:45 NZ9月貿易収支
(乳製品価格の上昇や中国減速一服などで、輸出は下げ止まりも)
10:30 中国9月工業利益
(減速警戒ながら、9月からは減速一服の指標も見られ始める)
18:30 英7-9月期GDP統計[速報]
(賃金や住宅の改善、ポンド高一服などで打たれ強さも)
21:30 米9月耐久財受注
(10月のISM製造業景況指数で新規受注は悪化。原油安が資源会社の受注を下押し)
22:00 米8月S&Pケースシラー住宅価格指数
(8月は雇用の質改善や金利低下、新学期前の引っ越し需要などが住宅をサポート
23:00 米10月消費者信頼感指数
(10月のミシガン大消費者信頼感は大幅改善。ガソリン下落や株価反発などがプラス要因)
米企業決算 ファイザー、フォード・モーター、アップル、ツイッター
(これまでは強弱混在ながら、懸念ほどには悪化しないケースが目立つ)
米連邦公開市場委員会[FOMC、28日まで]
(利上げ見送りによるドル安と、12月の利上げ示唆によるドル高の両にらみ)

<28日・水>
09:30 豪7-9月期消費者物価指数
(資源下落や中国発のデフレ圧力などでインフレ低迷のリスク)
17:30 スウェーデン中銀、政策金利発表
(ECB12月緩和準備に対抗で緩和姿勢を継続なら、北欧通貨安、ユーロ安、ドル高に)
23:30 EIA週間石油在庫統計
(冬季の暖房油需要や生産調整などで減少なら、原油相場と資源国通貨を支援)
24:30 米財務省変動利付2年債入札
26:00 米財務省5年・変動利付2年債入札
(利上げ不透明感で需要停滞なら、金利上昇とドル高に)
27:00 米連邦公開市場委員会[FOMC]、政策金利発表
(利上げ見送りによるドル安と、12月の利上げ示唆によるドル高の両にらみ)

<29日・木>
05:00 ニュージーランド中銀、政策金利発表
(会合までは利下げ地ならし警戒でNZドル安。会合後には材料出尽くしでNZドル上昇も)
08:50 日9月鉱工業生産[速報]
(中国発の世界減速や円安一服、在庫積み上がりなどが重石)
21:30 加9月鉱工業製品価格、加9月原料価格指数
(原油安などでインフレ低下。緩和継続見通しがカナダ・ドルの悪材料に)
22:00 独10月消費者物価指数[速報]
(原油安や中国発のデフレ圧力などで物価低迷。ECBの12月緩和を後押し)
21:30 米7-9月期GDP統計[速報]
(輸出停滞や在庫投資の抑制などが成長抑制。ソフト関連投資や住宅改善は下支え要因)
21:30 米新規失業保険申請件数
年末商戦向け臨時雇用の始動が焦点に)
23:00 米9月中古住宅販売成約指数
(金利低下やガソリン下落、新世帯形成増加、利上げ前の駆け込みなどで住宅市場は打たれ強さも)
26:00 米財務省7年債入札
(利上げ不透明感で需要停滞なら、金利上昇とドル高に)

<30日・金>
08:30 日9月全国消費者物価指数
(原油安、円安一服、賃金伸び悩みなどで下振れリスク。先行き日銀の緩和期待を支援)
09:30 豪7-9月期生産者物価指数
(資源下落や中国発のデフレ圧力などでインフレ低迷のリスク)
09:00 日銀政策委員会・金融政策決定会合[終了後直ちに結果公表]
15:00 日銀、経済・物価情勢の展望[展望リポート]公表
15:30 黒田日銀総裁、記者会見
(緩和見送りによる円高と、緩和実施・緩和地ならしによる円安の両にらみ)
19:00 ユーロ圏10月消費者物価指数[速報]
(原油安や中国発のデフレ圧力などで物価低迷。ECBの12月緩和を後押し)
21:30 米7-9月期雇用コスト指数
(7-9月に米国の雇用統計や平均賃金は低迷。底堅さが示されるとサプライズのドル高)
21:30 米9月個人所得/個人支出
(9月の小売売上高は伸び悩み。株安や雇用停滞などが重石。ただし、自動車販売は10年ぶり高水準)
22:45 米10月シカゴ購買部協会景気指数
(過度な中国懸念の一服や米株反発、FRB利上げ警戒の後退などが下支え要因)
23:00 米10月ミシガン大学消費者信頼感指数[確報]
(速報は大幅改善。ガソリン下落や株価反発などがプラス要因)
23:00 ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁、講演[FOMC投票権有]
24:25 ジョージ・カンザスシティー連銀総裁、講演
(28日の米FOMC次第ながら、今後の利上げ時期やペースなどが焦点に)

<1日・日>
10:00 中国10月製造業PMI
10:00 中国10月非製造業PMI
(金融緩和などの政策対応で下げ止まりなら、リスク選好の円安や資源国通貨の上昇を支援)
トルコ総選挙
(連立政権で経済改革派が主要ポストに就けば、トルコ・リラの自律反発を後押し)


My アルバム更新しました。

第30回 百里基地航空祭

http://mydreamtoday225.blog.fc2.com/



nice!(46)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 46

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: