So-net無料ブログ作成
検索選択

今週の為替相場展望 [為替情報]

今週11月30日-12月4日週の為替相場は、調整ドル安と中長期スパンでの底固め、根強いユーロ安と反動調整的な反発、資源国通貨(豪ドル、NZドル、カナダ・ドルなど)の下げ止まりの持続性を見極める展開となる。

ドル/円の週足テクニカルでは、26週移動平均線122.22円前後、一目均衡表の雲の上限121.44円前後、基準線120.97円前後などが下値サポートラインとして意識されるだろう。

各ラインなどを下値メドとした下値固めと、緩やかな下限切り上がりトレンドの持続を見極める展開が続く。

雲の上限は来年2月にかけて、122.40円方向への右肩上がりを維持したままだ。

今週の注目は、まず26日の米感謝祭からスタートした米国・年末商戦の「出足状況」となる。

速報ベースで底堅さが示されると、ドルの下値固めや日米株の上昇を通じたリスク選好の円安地合いが支援されやすい。

対テロ戦争に向けた欧米とロシアの関係融和、あるいはロシアとトルコの対立回避に安心感が広がると、株高・円安を後押しさせる。

ただし、前週末には中国株が急落となっていた。

あくまでも今後の新規株式公開(IPO)の再開と円滑消化に向けた「中国株全体の割高是正と買い場作り」という思惑もくすぶっている。

今週明けから中国株が安定化すると、円安や資源国通貨の上昇をサポート。

反対に混乱が長引くようなら、円高や資源国通貨安を意識した手探り相場となる。

12月1日の中国PMIを含めて、中国情勢に一喜一憂の不安定さは警戒されるだろう。

今週の注目イベントは、12月3日のECB理事会。

3日にかけては追加量的緩和への期待感が、世界株の下支えと円高抑制、ユーロの戻り売り要因として注目されやすい。

一方で3日の緩和内容が想定の範囲内となれば、一旦の「材料出尽くし」へと作用。

小規模緩和による失望リスクを含めて、理事会後にはユーロの買い戻しや、ユーロ/円以外でリスク回避の円高に振れる短期波乱は警戒される。

続く注目は12月4日の米11月雇用統計となる。

米国では年末商戦向けの臨時雇用などにより、労働市場は活況を呈してきた。

賃金についても、自動車業界などで労働組合との賃上げ合意が具体化されている。

雇用・賃金ともに一定の改善が見られると、米FRBによる「12月利上げのあとの来年3月利上げ」が新たな相場テーマへと浮上。

ドル/円は先行き124-126円方向が上値ターゲットになる可能性を秘めている。

ただし、米国の雇用、賃金ともに、前月に予想を上回る改善を記録した。

今回は11月23日の米感謝祭休日などもあり、思わぬ反動減速となるリスクも消えていない。

すでに公表されている同じ11月分の消費者信頼感指数は、大幅悪化となる不穏な前兆シグナルも見られていた。

その中で4日の雇用統計や平均賃金が伸び悩むようなら、改めて「来年の利上げペースは超緩慢になる」という見方が拡大。

ポジション調整的にドルが売り込まれ、ドル/円も当面はドルの上値が重くなる余地も残されている。

一方で過度な米利上げ警戒の後退は、米国株やユーロ、資源国通貨を下支えする点も注視されるだろう。

資源国通貨については、今週に豪州やカナダで中銀の金融政策委員会が予定されている。

緩和姿勢の堅持による各通貨の中長期スパンでの戻り売り圧力と、過度な悲観見通しの修正による短期買い戻しという上下動の可能性をはらんでいる。


My アルバム更新しました。

御岩神社

http://mydreamtoday225.blog.fc2.com/


経済指標・イベント解説(時間は全て日本時間。予定・未定を含む)

<30日・月>
06:45 NZ10月住宅建設許可
(前月悪化の反動改善が焦点に。名か国減速と資源急落の各一服もプラス要因)
08:50 日10月鉱工業生産[速報]
(在庫調整の進展や中国減速の一服などが下支え)
10:00 黒田日銀総裁、名古屋市で講演
13:45 黒田日銀総裁、記者会見[名古屋市]
(当面の現状維持と様子見を示唆なら、短期的な失望の円高・株安にも)
18:30 英10月住宅証券融資残高、10月住宅ローン承認件数
(英国の住宅市場は改善傾向)
22:00 独11月消費者物価指数[速報]
(ユーロ安や資源下げ渋りなどによる低下一服焦点。ECBの大幅な緩和期待を抑制も)
22:30 加7-9月期経常収支
(原油下落や中国などの世界減速が輸出の悪材料に)
23:45 米11月シカゴ購買部協会景気指数
(年末商戦への期待感や中国減速の一服、資源下落などが支援材料に)
24:00 米10月中古住宅販売成約指数
(緩やかな雇用・賃金の改善や、FRB利上げ警戒による駆け込み需要などがプラス要因)
IMF理事会、人民元のSDR構成通貨の採用を判断
(採用なら人民元が国際通貨へ一歩前進。長期スパンで円やユーロの存在感低下にも)

<1日・火>
08:50 日7-9月期法人企業統計調査
(設備投資が底堅さを示すと、7-9月GDPの改定値は上方修正へ)
09:30 豪10月住宅建設許可件数
(10月は雇用指標が大幅に改善。過去の利下げ効果などが住宅を下支えも)
10:00 中国11月製造業/非製造業PMI
10:45 中国11月財新メディア製造業/非製造業PMI
(利下げ効果や米欧経済の持ち直しなどを受けた下げ止まり焦点)
12:30 オーストラリア中銀、政策金利発表
(結果発表までは利下げ地ならし警戒が豪ドル安に。結果発表後は材料出尽くしの買い戻しも)
16:00 英中銀、金融安定報告書発表
18:00 カーニー英中銀総裁、記者会見
(来年の利上げ示唆ならポンドを下支え)
17:50 仏11月製造業PMI[確報]
17:55 独11月製造業PMI[確報]
18:00 ユーロ圏11月製造業PMI[確報]
(ECB緩和期待やユーロ安、資源下落が支援。ただし、仏テロの影響反映は警戒)
22:30 加9月及び7-9月期GDP統計
(隣国・米国経済の持ち直しや通貨安効果などが、過度な下振れを抑制も)
23:45 米11月製造業PMI[確報]
24:00 米11月ISM製造業景況指数
(年末商戦への期待感や中国減速の一服、資源下落などが支援材料に)
26:45 エバンス・シカゴ連銀総裁、米国経済について講演[FOMC投票権有]
(12月利上げ後の利上げ角度やスケジュール、ドル高警戒度合いに注目が集まる)

<2日・水>
08:30 スティーブンス豪中銀総裁、講演[パース]
(先行きの利下げ示唆や豪ドル安志向の発言があると豪ドル安に)
09:30 豪7-9月期GDP統計
(中国減速や資源下落などが重石。前週の設備投資悪化で一定の下振れは織り込みも)
10:30 岩田日銀副総裁、岡山市で講演
14:00 岩田日銀副総裁、記者会見[岡山市]
(当面の現状維持と様子見を示唆なら、短期的な失望の円高・株安にも)
19:00 ユーロ圏11月消費者物価指数[速報]
(ユーロ安や資源下げ渋りなどによる低下一服焦点。ECBの大幅な緩和期待を抑制も)
22:15 米11月ADP雇用統計
(年末商戦向けの臨時雇用や、資源関連の人員削減一服などが支援材料。前月改善の反動は警戒)
22:30 米7-9月期単位労働コスト[改定値]
(賃金の下げ止まりが再確認されると、12月利上げ観測とドルを支援)
24:00 カナダ中銀、政策金利発表
(根強い原油安や世界減速懸念などで、成長や物価の見通しに慎重姿勢も)
24:30 EIA週間石油在庫統計
(冬季の資源需要や減産などで在庫減少なら、原油相場と資源国通貨の反発を支援)
28:00 米地区連銀経済報告[ベージュブック]
(年末商戦や雇用・賃金などでの前向きな判断焦点)
10:00 ブレイナードFRB理事、講演[FOMC投票権有]
22:10 ロックハート・アトランタ連銀総裁、米国経済について講演[FOMC投票権有]
23:00 タルーロFRB理事、FDIC主催の会議に出席
25:00 イエレンFRB議長、エコノミック・クラブで講演[ワシントン・FOMC投票権有]
29:40 ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁、経済見通しについて講演[FOMC投票権有]
(12月利上げ後の利上げ角度やスケジュール、ドル高警戒度合いに注目が集まる)

<3日・木>
09:30 豪10月貿易収支
(中国減速と資源急落の各一服による、貿易収支の悪化歯止め焦点)
17:50 仏11月非製造業PMI[確報]
17:55 独11月非製造業PMI[確報]
18:00 ユーロ圏11月非製造業/総合PMI[確報]
(欧州の指標は改善傾向。ただし、仏テロの影響反映は警戒)
19:00 ユーロ圏10月小売売上高
(資源安やユーロ安、ECB緩和期待などで底堅さも)
21:45 欧州中銀、政策金利発表
22:30 ドラギECB総裁、記者会見
(結果発表までは緩和期待でユーロ安。実際の緩和後は材料出尽くしや小出し失望のユーロ高警戒)
22:30 米新規失業保険申請件数
(年末商戦向け臨時雇用がプラス材料。26日の感謝祭休日は悪化の攪乱要因)
23:45 米11月非製造業/総合PMI[確報]
24:00 米11月ISM非製造業総合指数
(11月の消費者信頼感指数はテロ警戒などで悪化していた)
24:00 米10月製造業受注指数
24:00 米月耐久財受注[確報]
(耐久財受注の速報は持ち直し。航空機や自動車などが底堅さ。原油急落による資源業界打撃も一服)
22:40 メスター・クリーブランド連銀総裁、同連銀・財務省金融調査局共催会合で挨拶
24:00 イエレンFRB議長、上下両院経済合同委員会で証言[FOMC投票権有]
27:10 フィッシャーFRB副議長、講演[FOMC投票権有]
(12月利上げ後の利上げ角度やスケジュール、ドル高警戒度合いに注目が集まる)

<4日・金>
09:30 豪10月小売売上高
(10月は雇用指標が大幅に改善。過去の利下げ効果や物価下落などが消費を下支えも)
16:00 独10月製造業受注
(資源安やユーロ安、ECB緩和期待などで底堅さも)
22:30 加11月雇用統計
(前月改善の反動や根深い原油安などが重石。中国減速の一服や年末商戦は下支え要因)
22:30 米10月貿易収支
(中国減速の一服などによる輸出悪化の歯止め焦点)
22:30 米11月雇用統計
(年末商戦向けの臨時雇用や、資源関連の人員削減一服などが支援材料。前月改善の反動は警戒)
24:15 ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁、同連銀主催会合で挨拶
26:00 ドラギECB総裁とダドリー・ニューヨーク連銀総裁がエコノミック・クラブの会議に参加
29:45 ブラード・セントルイス連銀総裁、講演
30:00 コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁、講演
(FRBは12月利上げ後の利上げ角度やスケジュール、ドル高警戒度合いに注目が集まる)


My アルバム更新しました。

御岩神社

http://mydreamtoday225.blog.fc2.com/



nice!(52)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 52

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: