So-net無料ブログ作成
検索選択

今週の為替相場展望 [為替情報]

今週12月7日-12月11日週の為替相場は、基本的なドル高地合いの継続と調整ドル安、ユーロや資源国通貨(豪ドルやNZドルなど)の持ち直しと根強い戻り売りなどをにらんだ手探り相場となる。

今週明けからは、日本株などの世界株価動向が注目される。

前週末には米国株が大幅高となった。

米国の11月雇用統計が改善したほか、10月分も上方修正されたことで、米国経済の回復が素直に好感された。

米FRBの12月利上げの警戒を改めて高める結果となったが、「1回の利上げに耐えられるほど米国経済は底堅い」という安心感が付与されている。

さらに平均賃金は抑制されていることで、インフレ懸念も限られた。

FRBが12月に利上げしたあと、利上げペースは緩慢になるという見方も、米国の株高を後押しさせている。

週明けから日本株などが上昇スタートとなれば、リスク選好の円安やドル高の流れが維持されやすい。

ただし、今週も米国の経済指標やFRB幹部の講演が相次ぐ。

11日の米小売売上高を含めて、少しでも強い数字が出たり、FRB幹部から12月以降の利上げに対する前向き発言が見られると、改めてFRBの利上げに対する警戒感が高まる。

ドル高は維持される一方、米国株の調整下落を通じて、リスク回避の円高に振れる不安定さも警戒される。

今週はユーロの動向もポイントになる。

前週はECB理事会で追加金融緩和が決められたが、事前期待が大きかった分だけ、「小出し失望」を招いている。

結果、大きく積み上がってきた投機的なユーロ・ショート(売り持ち)ポジションの巻き戻しを招き、ユーロは急反発となった。

今週から改めてECBの追加緩和を催促する相場が始まったり、米FRBの12月利上げに向けたドル高が持続すると、ユーロは戻り売りに押されやすい。

一方でユーロ急反発の後遺症もあり、ユーロの下落局面ではユーロ買い戻しの残存も意識されそうだ。

資源国通貨に関しては、根強い原油安やドル高が重石となる。

ただし、今週は中国で8日に貿易統計、9日に物価指標が予定されている。

少しでも景気減速の一服やデフレ圧力の緩和が示されると、資源国通貨の買い戻しやリスク選好の円安が後押しされる。

ここにきて中国では、銅やニッケルなどの生産削減といった、資源相場のテコ入れ策も見られ始めた。

さらに中国は10月末に新たな5カ年計画として「内需主導型経済への移行変革」方針が示されたが、その柱としてIT、インターネット、金融の融合と発展という改革プランが強化された。

すでに人民元改革をアリの一穴として金融改革と自由化が加速されつつあるほか、米国のIT、ネット、金融の関連企業からは「中国への再シフト」も目立ち始めている。

中国の内需関連に関して、過度な悲観論が後退してくると、日本でも株高やリスク選好の円安を支援。

資源国通貨の自律反発がサポートされそうだ。


My アルバム

http://mydreamtoday225.blog.fc2.com/


経済指標・イベント解説(時間は全て日本時間。予定・未定を含む)

<7日・月>
12:45 黒田日銀総裁、パリ・ユーロプラス・フィナンシャル・フォーラムで講演
(企業の賃上げ後押しのため、先行き追加緩和を示唆なら円安・株高を支援)
16:00 独10月鉱工業生産
(10月の製造業受注は改善。ECB緩和期待やユーロ安、資源安などが下支えも)
24:00 米11月労働市場情勢指数
(11月の雇用統計は改善。年末商戦向け臨時雇用などがプラス要因)
26:30 ブラード・セントルイス連銀総裁、金融政策について講演[インディアナ]
(12月利上げは織り込まれ、来年以降の利上げ角度、スケジュール、利上げ幅が焦点に)

<8日・火>
08:50 日7-9月期GDP統計[二次速報]
法人企業統計での設備投資改善で上方修正の余地。リスク選好の円安と緩和期待後退の円高交錯)
08:50 日10月国際収支統計
(経常黒字の改善が為替需給面で過度な円安を抑制)
09:30 豪11月NAB企業信頼感指数、企業景況感指数
(中国減速一服、豪ドル安と金利低下の効果などで、豪州経済の減速は一服傾向)
17:00 トルコ10月鉱工業生産
17:00 南ア7-9月期経常収支
(トルコ・リラや南アフリカ・ランドは、自律反発の持続性が焦点に)
18:06 黒田日銀総裁、年末エコノミスト懇親会で挨拶[東京]
(企業の賃上げ後押しのため、先行き追加緩和を示唆なら円安・株高を支援)
18:30 英10月鉱工業生産、製造業生産高
(米国経済の復調や金利低下、資源安などが下支え)
22:15 加11月住宅着工件数
(11月の加雇用指標は改善。金利低下や米国の住宅改善などもサポート要因)
24:00 米10月10月雇用動態調査[JOLT]
(10月と11月の雇用統計は改善。年末商戦向け臨時雇用などがプラス要因)
27:00 米財務省3年債入札
(米12月利上げ観測の高まりの中での需要焦点。低調なら金利上昇とドル高を支援)
時間未定 中国11月貿易収支
(輸出入ともに悪化ペースが鈍化なら、リスク選好の円安や資源国通貨の上昇を支援)

<9日・水>
08:50 日10月機械受注統計
(7-9月の法人企業統計では設備投資が改善していた)
10:30 中国11月消費者物価指数、生産者物価指数
(物価落ち着きなら追加金融緩和の期待感を後押し。一方でデフレ懸念にも)
16:00 独10月貿易収支/経常収支
(中国減速が輸出の悪材料も、ユーロ安が過度な貿易収支悪化を抑制)
24:30 EIA週間石油在庫統計
(前週は在庫の高止まりで根強い原油安。在庫調整の行方が資源国通貨を左右)
27:00 米財務省10年債入札
(米12月利上げ観測の高まりの中での需要焦点。低調なら金利上昇とドル高を支援)

<10日・木>
05:00 ニュージーランド中銀、政策金利発表
(会合までには利下げ地ならし警戒でNZドル下落も。会合後は買い戻し余地)
09:30 豪11月雇用統計
(豪州経済は中国減速一服、豪ドル安と金利低下の効果などで、停滞は一服の傾向)
17:30 スイス中銀、政策金利発表
(ECB緩和終了やユーロ反発を受けたスイス・フラン高阻止姿勢の緩みが焦点に)
21:00 英中銀、政策金利発表
27:00 カーニー英中銀総裁、講演
(利上げ時期の遅延観測がポンドを圧迫。改めて来年の利上げ示唆ならポンド高を支援も)
22:30 加7-9月期設備稼働率、加10月新築住宅価格指数
(産油国のカナダは、原油下落や中国減速などが悪材料に)
22:30 米新規失業保険申請件数
(年末商戦向け臨時雇用の持続性と一段落をにらむ)
27:00 バイトマン独連銀総裁、講演[リスボン]
(前週はECBの追加緩和に反対する。追加緩和の否定堅持ならユーロ高材料に)
27:00 米財務省30年債入札
(米12月利上げ観測の高まりの中での需要焦点。低調なら金利上昇とドル高を支援)

<11日・金>
06:45 NZ11月食品価格指数
(食品価格は下げ止まり傾向。NZドルの下支え材料にも)
16:00 独11月消費者物価指数[確報]
(ユーロ安効果などで物価下げ渋り。緩和期待の後退がユーロ高材料に)
22:30 米11月小売売上高
自動車販売の改善や感謝祭商戦などがプラス要因。ガソリンスタンドの売上減少は撹乱要因)
22:30 米11月生産者物価指数
(原油安の再開などが下振れ材料。コアベースで下げ止まりなら、ドルを下支え)
24:00 米12月ミシガン大学消費者信頼感指数[速報]
(年末商戦への期待感や資源下落、雇用改善などがプラス要因)

<12日・土>
14:30 中国11月小売売上高
14:30 中国11月鉱工業生産
14:30 中国1-11月固定資産投資
(内需は利下げ効果などで持ち直し。減速一服なら週明け早朝の円安や資源国通高を支援)


My アルバム

http://mydreamtoday225.blog.fc2.com/



nice!(59)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 59

コメント 3

YUTAじい

おはようございます。
佳いお年をお迎えください。
by YUTAじい (2015-12-31 07:39) 

(。・_・。)2k

今年一年ありがとうございました
良い年をお迎え下さい
来年も宜しくお願い致します(^^)

by (。・_・。)2k (2015-12-31 19:44) 

yam

後れ馳せながら、新年明けましておめでとうございますm(__)m

今年も引き続き宜しくお願いします。
by yam (2016-01-05 18:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: