So-net無料ブログ作成

今週の為替相場展望 [為替情報]

今週2月15日-19日週の為替相場は、円高、ドル安の一服と、根強い円の押し目買いやドルの戻り売り、資源国通貨の戻り売りをにらんだ展開が想定される。

ドル/円の週足テクニカルでは、一目均衡表の雲の下限114.85円前後を早期に上抜け回復できるか。

ドルの戻り売りに押され、改めて111円割れや110円、107-108円方向が下値メドとして視界に入るかの攻防となる。

さらには当座の中心レンジが105-115円、110-120円、115-125円のいずれになるかを見極める、重要な分岐点が続きそうだ。

今週明けから注目されるのが、「春節連休」から再開される中国の株式市場や人民元の動向。

前週にはイエレン米FRB議長が利上げ遅延を示唆しており、中国株や人民元の安定材料となりやすい。

連休明けの中国市場が落ち着いたスタートとなれば、リスク選好による日本株の反発や円安、資源国通貨の自律反発(豪ドルやNZドル、カナダ・ドル、南アフリカ・ランドなど)が支援される。

一方で中国に関しては、2月26-27日に予定される上海でのG20財務相・中央銀行総裁会議まで、予断の許さない展開が続く。

中国が経済のハードランディング回避のため、一定の人民元切り下げに傾斜すると、改めて円高や日本での株安を促す波乱要因となる。

反対に中国が部分的な資本規制や財政出動などで資本流出を制御しながら、追加緩和や小幅な人民元の低め誘導を行えば、リスク選好へと作用。日本の株高と円安を後押しさせる。

その他、G20にかけては、各国が市場混乱の回避や為替の安定化、世界減速回避で協調できるとリスク選好。

反対に足並みの乱れや具体的な政策協調の乏しさが露呈されると、リスク回避の激化という大きな分かれ目を迎えることになる。

日本に関しては、円高・株安の阻止に向けた政策対応が焦点になる。

1月29日の日銀によるマイナス金利導入移行は、円高・株安が加速される逆効果となってきた。

その中で15-16日からは、マイナス金利が本格適用される。

当初は日銀当座預金の10兆円程度が対象となるが、この10兆円が部分的に日本株や外国債券、外国株式に向かうと、株高・円安(ドル高など)が後押しされる。

さらにマイナス金利の本格適用により、日本の長期債金利が低位安定化してくると、当初の目的通りの円安・株高が支援される余地を秘めている。

一方で改めて安全逃避により、長期金利がマイナス方向に再低下すると(債券価格は上昇)、リスク回避の円高と株安を支援。

日本の金融機関が3月期末の決算対策として、日本国債の利益確定売りを進めると、金利上昇(債券価格は下落)が思わぬ円高と株安をもたらす波乱シナリオも無視できない。

その他、今週は日本のGDP や米国と欧州での経済指標、中国の物価指標、米FRB幹部の講演での今後の金融政策スタンスなどが注目材料となりそうだ。


My アルバム更新しました。

梅香る

http://mydreamtoday225.blog.fc2.com/


続きを読む


nice!(95)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー